So-net無料ブログ作成

ボトックス注射 [体調]

 前回の記事で書いた右腕に力が入って抜けない状況のほか、両肩がむずがゆくてたまらなくなったり、そのため思うように動けなくなってからもう1年半近くになります。これ、いわゆる「けいれん症状」の一種だそうです。

 服薬治療は続けているものの、改善の兆候は見られません。前回の記事では薬が効くまでのんびり過ごすしかない、焦っても仕方がないし、てなことを書いてました。

 しかし、体調がよくならない期間が長期に及んできて、先の見えない長く暗いトンネルをたった一人で、行くべき方向もわからず、ただむやみやたらとさまよっている気分になり、閉塞感を感じてました。

 うーむ、これではいかん!!!

 お医者さんが言うには、前述のように服薬治療で治すのがベストだそうなのですが、これ以上服薬治療だけに頼って効果がでなければ、ずっとこのまま。前には進めない・・・。

 というわけで、服薬のみの治療はあきらめて、次の一手として対症療法ですが「ボトックス注射」という治療を受けることにしました。

 この注射は、ある程度の年齢のベテラン芸能人さんなどの顔の「しわ伸ばし」のために使われる美容整形として有名なのですが、私のようなけいれん症状にも効果があるということで一般的に利用される療法です。具体的には、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌス毒素を筋肉に注射することでその筋肉が緩み、緊張やけいれんがおさまるというもの。「毒を以て毒を制す」というイメージかな?効果は2、3日~2週間で現れ、通常3~4ヵ月持続後、効果は消失して注射前の症状が再び現れ、またボトックスを再投与(注射)する、というものです。

 注射の同意書にには副作用として、「〇〇障害」、「〇〇疼痛」、「突然死」だとか色々書かれてました。それなりのリスクを伴い、また高価な注射でなので、身体的にも経済的にも負担が大きいのですが、もう服薬治療で様子を見て改善を期待する時期は過ぎたなと考え、同意書にハンコを押しました。それにしても「〇〇障害」とかはわかるけれど、「突然死」なんてもはや副作用として許容できる域を明らかに超えている(==;)。

 肩から腕にかけて10か所ほど続けさまに注射をされ少々痛い目に遭いましたが、とにかくこれで体調改善に効果があるのならありがたいです。ていうか絶対に改善して欲しいです(祈)。

 あと医師の話によると、手術で治す方法もあるそうです。調べてみるとなんでも脳の一部を焼くとか・・・。なんとも恐ろしげな話ですが、ボトックス注射で効果がなかったとしても、まださらに次の一手、治療法はあるということがわかったことは安心材料です。

 今はとにかくボトックス注射の効果が現れることを願うばかりです。

 この病気を退治してやりたいことはたくさんあります。

1 とにかくギターが弾きた~い!

2 ジャズギター教室に復学した~い!

3 スタジオやお店のジャムセッションに参加した~い!

4 最新システム「オンラインセッション」に参加した~い!(こんなことができるなんて、すごい時代になったものです。開発者さん、ありがとう!)

 とりあえずこのくらいかな?

 他にも色々ありますが、音楽関係ばかり挙げてみました。とにかく体調を改善させたい。病気を退治するためのモチベーションは維持できてるかなとは思います。なんか目の前にニンジンをぶらさげた馬のようでもありますが・・・。音楽の力は強いのかなと感じます。

 ま、とりあえずボトックス注射の効果が出るのを期待してます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。